表技協合同部会報告-デジタルファブリケーションの潮流-

12718004_684558558352665_6115017799710304056_n

カップ型ロボット、ファブボットのワークショップの様子を、ハマナカデザインスタジオの濱中さんに紹介していただきました。

ハンダ付けなどを経て3時間ほどでできあがるロボットを動かすために、オブジェクト指向のプロラミングツールで命令を組み合わせます。 実行させると顔の向きが変わったり、LEDが点滅するなど表情がでてきます。 センサーをつけ、近づくとしゃべったり首をふるようにすることもできます。 そのほかメールを読ませたり、人と会話もどきの応対をさせるようなことも可能です。
単純な造りですが、コンパニオンロボットととしての可能性も感じられる大変興味深いセッションとなりました。
今後、部会で表技協ならではの使い方をハックしていきたいと思います。
そのほか、3Dプリンターで作ったコーナーによる収納家具の制作事例も紹介いただきました。 デジタルファブリケーション、実はアナログの塊だったことが分かる有意義なセッションに、みなさん興味しんしんでした。
ご興味のある方は、是非入会いただいて、ご参加ください!

12931173_684559388352582_408437696227369963_n 943769_684559931685861_7256517086852035957_n 12670655_684560111685843_2176976235941809626_n