第12回部会「キヤノン4Kレーザープロジェクターと短焦点プロジェクター評価体験会」

製品説明とデモ:キヤノンマーケティングジャパン(株) 門安博様、キヤノン(株)西原 芳樹様ほか
日時: 2017年5月15日(月)15:00~フォーラムエイト東京本社

概要:今回は、キヤノンマーケティングジャパン(株)様とキヤノン(株)様のご協力により4Kと短焦点の最新プロジェクターをお持ちいただき、説明とデモをしていただいた後に、表技協会員の持ち込んだ映像を投影し評価をさせていただきました。

■4Kレーザープロジェクター:4K6000STZ
http://cweb.canon.jp/projector/lineup/4k600stz/index.html
・4,096×2,400x3LCOS/6000lm/レーザー光源/26Kgと同クラスとしては小型軽量。
01_20170515_140838

センターのピントを保ったまま周辺のピントを変えられるなどプロジェクションマッピングやVRシアターにも適した機能が確認できました。(手前の紙のピントと奥のスクリーンのピントの両方を合わせることができる)
02_20170515_161539

 

■短焦点プロジェクター:WUX500ST
http://cweb.canon.jp/projector/lineup/wux500st/index.html
・1,920×1,200x3LCOS/5000lm/超高圧水銀ランプ光源/短焦点でありながら最大75%のレンズシフトが可能 。
03_20170515_173202

机の下から打ち上げるようにスクリーンに投影していた状態からレンズシフトしてスクリーンの下側まで下げてみていますが、四隅までピントがあっています。
通常短焦点ではスクリーンの高さ位置が決まってしまいピントも合いにくいので苦労しますが、これだけレンズシフトや四隅までピントが合えばセッティングが楽になり短焦点プロジェクターの活用範囲が広がると感じました。
04_要トリミング20170515_151641

 

■4Kプロジェクターでの評価開始
今回は希望する法人会員さんと個人会員さんが4K対応の作品を持ち込み、それぞれ確認したい点をたっぷり時間をとって確認することができました。
・シリコンスタジオ(最新ゲームエンジンXenkoでの4K出力)
・Flapper3(4Kタイトルフッテージでのボケ足確認)
・手島康子(高解像度マルチプロジェクションマッピング素材のフレア表現の確認)
・フォーラムエイト(3次元リアルタイムVRソフトウェアUC-win/Roadでの4K出力)
(敬称略)

シリコンスタジオのXenkoで4Kゲームを体験
05_20170515_164403

120インチ程度なら、近くでみてもドットが分からない
06_20170515_161158

フォーラムエイトのUC-win/Roadで4Kのカーシュミュレターを体験
07_20170515_171001