表現技術検定(建設ICT)

日 時:2019年4月10日(水)9:30~16:30
場 所:東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟21F 株式会社フォーラムエイト セミナールーム
受講料:12,000円(検定証発行手数料込み、税込)
全国土木施工管理技士会連合会 継続学習制度(CPDS)(認定単位として6ユニット取得可能)
土木学会 継続教育(CPD)制度(自己学習としてCPD=0.5×講習時間を登録可能)

超スマート社会実現に向けた各省庁の方針をふまえ、国土交通省のi-Constructionにフォーカスした「建設ICT」検定を第一弾として実施。
●表現技術検定(建設ICT)の達成指標
1.建設ICT概論を通して今後重要となる「労働生産性向上策」の提案・実現ができる
2.多様な事例を通して建設ICT利活用の具体的なポイントが体得できる
3.建設ICTの一般常識から専門的な方法論まで、建設プロセスを網羅した知識を習得
4.発注者/受注者など立場の違いを超えたコミュニケーションの基礎を習得できる

講習・検定内容 ※講習受講、検定合格で検定証を授与します。

表現技術検定試験委員会委員
・朝日理登氏(中日本ロード・メンテナンス東京株式会社 代表取締役社長)
・杉浦伸哉氏(株式会社大林組 生産技術本部 先端技術企画部 技術第二課長)
・矢吹信喜氏(大阪大学大学院工学研究科 教授)

講習1
基礎知識
9:30~10:50 (1)情報技術
(2)情報通信技術
(3)表現技術
(4 )建設ICT
・情報技術とは
・情報通信技術の発展と展開
・表現技術の変遷
・建設ICT推進の背景
休憩 10:50~11:00
講習2
超スマート社会
11:00~12:00 (1)スマートインフラ
(2)スマートモビリティ
(3)スマートものづくり
・スマートインフラに関する基本的知識
・インフラアセットマネジメントの効率化
・道路交通システムに関する知識・IoT
・ビッグデータ解析、数理科学、AI
昼食 12:00~13:00 ※昼食は各自でご準備ください
講習3
建設の情報化施工
13:00~14:30 (1)CIM
(2)MC・MG
(3)TS・CNSS
(4)総合管理技術(CPS)
・CIMの本質
・MC・MGの変遷と今後
・建設ICTの本質とTS・GNSS
・クラウドと現場管理の連携
・フロントローディングの本質
・現場調査・安全・環境管理対策
休憩 14:30~14:40
講習4
建設ICTに向けた
・施工管理要領
・マニュアル
・検査要領
14:40~15:30 (1)土工関係
(2)舗装関係
(3)施工管理一般
(4)検査要領
・TSを用いた出来形管理要領(土エ編)
・TS・GNSSを用いた盛土の締固め管理要領
・TSを用いた出来形管理要領(舗装工事編)
・施工管理データを搭載したTS
・TSを用いた出来形管理の監督・検査要綱
(河川土工編/道路土工編/舗装工事編)
休憩 15:30~15:40
演習 15:40~16:30 講習内容についての検定を実施
表現技術検定 講習テキスト(建設ICT編)目次
はじめに

第1章 概説

  1. 緒論
  2. 建設ICTのはじまり
  3. 情報化施工への流れ
  4. 建設ロボット

第2章 国土交通省の取り組み

  1. 施工管理要領やマニュアルの整備
  2. 施工管理手法及び規格値
  3. 三次元設計データの扱い
  4. 委員会等
    (1) i-Construction委員会
    (2) i-Construction推進コンソーシアム
    (3) 情報化施工推進会議
    (4) ICT導入協議会
    (5) 建設ロボットと技術に関する懇談会

第3章 情報化施工

  1. はじめに
  2. 調査・設計・施工との連携(CIM)
    (1) ICT土工の概要
    (2) 3次元起工測量
    (3) 3次元設計データ作成
    (4) ICT建機による施工
  3. マシンコントロール/マシンガイダンス技術(MC・MG)
    (1) マシンコントロール(MC)技術の概要
    (2) マシンガイダンス(MG)技術の概要
  4. ICTを用いた情報管理技術
    (1) 概 要
    (2) 締固め管理技術(TS・GNSS)
    (3) 出来形管理技術
    (4) 盛土巻出し厚さ管理技術
    (5) 温度管理技術
  5. 第3章での用語

第4章 これからの情報技術に求められるもの

  1. 自然災害への対応
    (1) 津波災害への対応
    (2) 風水害への対応
    1) 国の風水害(土砂災害)対策
    2) 風水害による具体的な災害と対応
    3) 洪水への対応
  2. 調査・設計・施工との連携(CIM)
    (3) 雪害への対応
    1) 降雪分布予測
    2) 積雪変質の予測に関する研究
    3) 災害発生機構のモデル化に関する研究
    4) 雪氷災害予測システムの開発
  3. ロボット技術
    (1) はじめに
    (2) 無人化施工
    (3) 次世代社会インフラ用ロボット
  4. 第4章の用語

今後の検定ラインナップについて

検定レベルおよび内容
今回は初級に相当する内容を想定していますが、新人教育などに携わる指導者、管理者の方々にも活用いただけるものとなっています。また、初級に続いて2019年には中級、2020年には上級の講座・検定を順次スタートする予定です。

主催・お問い合わせ先

一般財団法人最先端表現技術利用推進協会
State of the Art Technologies Expression Association
Tel.03-6711-1955 FAX.03-6894-3888
mail: info@soatassoc.org  http://soatassoc.org/

∧ PAGE TOP