NEWS

表現技術検定(建設ICT) 初級編「建設ICT概論」10/26(金)開催!

●表現技術検定とは
日本では平成28年度より第5期科学技術基本計画の5カ年計画が実施されており、「第4次産業革命」(IoT時代のものづくり)と銘打って、イノベーションを巡る熾烈な国際競争に打ち勝つための方向性が政府より示されています。表技協ではこのような背景のもと、当協会の基本方針である「最先端表現技術に関連する人材育成・社会への貢献」を実現すべく、企業や技術者がICT等をベースにイノベーションの担い手となるモチベーションを提供することを目的として、学習用テキストの構築、研修および達成程度の目安としての「表現技術検定」を企画いたしました。

「第4次産業革命」「超スマート社会」の実現に向けて政府が先導するこれらの方向性に対応して、各省庁による施策が示されています。この中で今回は、国土交通省が推進するi-Constructionをベースとして、IoTやスマートインフラ実現、情報化施工・維持管理など、当協会でも主体的に推進している3DVRの活用による効率化や高度化が大いに期待される「建設ICT」を対象分野とした検定を実施いたします。

講習内容・テキストおよび試験問題は、関連の基礎知識や具体的な事例から専門的な方法論・提案手法までを網羅しており、一通り受講することで次のような項目が達成できます(修了者には認定証を授与)。今回は初級を想定していますが、今後は指導者・管理者を想定した中級・上級や、「まちづくり」に関する検定も予定しております。ぜひともご活用ください。

●表現技術検定(建設ICT)の達成指標
1.建設ICT概論を通して今後重要となる「労働生産性向上策」の提案・実現ができる
2.多様な事例を通して建設ICT利活用の具体的なポイントが体得できる
3.建設ICTの一般常識から専門的な方法論まで、建設プロセスを網羅した知識を習得
4.発注者/受注者など立場の違いを超えたコミュニケーションの基礎を習得できる


開催概要

検定名 表現技術検定(建設ICT) 初級編「建設ICT概論」

全国土木施工管理技士会連合会 継続学習制度(CPDS)(CPDS認定単位として6ユニットを取得可能)
土木学会 継続教育(CPD)制度(自己学習としてCPD=0.5×講習時間を登録可能)
対象 建設分野(新入社員、中堅社員、管理職者)のすべての方および、建設ICT、i-Construction に関心をお持ちの方
日時 2018年10月26日(金)9:30~16:30
場所 東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟21F 株式会社フォーラムエイト セミナールーム
持ち物 受講票、写真付き身分証明書、筆記用具
※昼食は各自でご準備ください。
申込方法 下記申込フォームからお申込みください。

申込締切:2018年10月19日(金)※定員50名に達し次第締め切らせていただきます。
受講料 12,000円(検定証発行手数料込み、税込)
※10/19(金)までにお振込み願います。ご入金後の返金は致しかねますのでご承知おきください。
受講料振込先(振込手数料はご負担願います)
 銀行名:  三井住友銀行 目黒支店
 口座番号: 普通 7211916
 口座名義: (財) 最先端表現技術利用推進協会
または
 郵便振替: 品川インターシティ郵便局
 記号番号: 10150-27962431
 加入者名: (財) 最先端表現技術利用推進協会

講習・検定内容 ※講習受講、検定合格で検定証を授与します。

表現技術検定試験委員会委員
・朝日理登氏(中日本ロード・メンテナンス東京株式会社 代表取締役社長)
・杉浦伸哉氏(株式会社大林組 生産技術本部 先端技術企画部 技術第二課長)
・矢吹信喜氏(大阪大学大学院工学研究科 教授)

ガイダンス 9:30~9:50  表技協事務局 
講習1
基礎知識
9:50~10:50 (1)情報技術
(2)情報通信技術
(3)表現技術
(4 )建設ICT
・情報技術とは
・情報通信技術の発展と展開
・表現技術の変遷
・建設ICT推進の背景
休憩 10:50~11:00
講習2
超スマート社会
11:00~12:00 (1)スマートインフラ
(2)スマートモビリティ
(3)スマートものづくり
・スマートインフラに関する基本的知識
・インフラアセットマネジメントの効率化
・道路交通システムに関する知識・IoT
・ビッグデータ解析、数理科学、AI
昼食 12:00~13:00 ※昼食は各自でご準備ください
講習3
建設の情報化施工
13:00~14:30 (1)CIM
(2)MC・MG
(3)TS・CNSS
(4)総合管理技術(CPS)
・CIMの本質
・MC・MGの変遷と今後
・建設ICTの本質とTS・GNSS
・クラウドと現場管理の連携
・フロントローディングの本質
・現場調査・安全・環境管理対策
休憩 14:30~14:40
講習4
建設ICTに向けた
・施工管理要領
・マニュアル
・検査要領
14:40~15:30 (1)土工関係
(2)舗装関係
(3)施工管理一般
(4)検査要領
・TSを用いた出来形管理要領(土エ編)
・TS・GNSSを用いた盛土の締固め管理要領
・TSを用いた出来形管理要領(舗装工事編)
・施工管理データを搭載したTS
・TSを用いた出来形管理の監督・検査要綱
(河川土工編/道路土工編/舗装工事編)
休憩 15:30~15:40
演習 15:40~16:30 講習内容についての検定を実施
表現技術検定 講習テキスト(建設ICT編)目次
はじめに

第1章 概説

  1. 緒論
  2. 建設ICTのはじまり
  3. 情報化施工への流れ
  4. 建設ロボット

第2章 国土交通省の取り組み

  1. 施工管理要領やマニュアルの整備
  2. 施工管理手法及び規格値
  3. 三次元設計データの扱い
  4. 委員会等
    (1) i-Construction委員会
    (2) i-Construction推進コンソーシアム
    (3) 情報化施工推進会議
    (4) ICT導入協議会
    (5) 建設ロボットと技術に関する懇談会

第3章 情報化施工

  1. はじめに
  2. 調査・設計・施工との連携(CIM)
    (1) ICT土工の概要
    (2) 3次元起工測量
    (3) 3次元設計データ作成
    (4) ICT建機による施工
  3. マシンコントロール/マシンガイダンス技術(MC・MG)
    (1) マシンコントロール(MC)技術の概要
    (2) マシンガイダンス(MG)技術の概要
  4. ICTを用いた情報管理技術
    (1) 概 要
    (2) 締固め管理技術(TS・GNSS)
    (3) 出来形管理技術
    (4) 盛土巻出し厚さ管理技術
    (5) 温度管理技術
  5. 第3章での用語

第4章 これからの情報技術に求められるもの

  1. 自然災害への対応
    (1) 津波災害への対応
    (2) 風水害への対応
      1) 国の風水害(土砂災害)対策
      2) 風水害による具体的な災害と対応
      3) 洪水への対応
  2. 調査・設計・施工との連携(CIM)
    (3) 雪害への対応
      1) 降雪分布予測
      2) 積雪変質の予測に関する研究
      3) 災害発生機構のモデル化に関する研究
      4) 雪氷災害予測システムの開発
  3. ロボット技術
    (1) はじめに
    (2) 無人化施工
    (3) 次世代社会インフラ用ロボット
  4. 第4章の用語

今後の検定ラインナップについて

検定レベルおよび内容
今回の「建設ICT概論」は初級に相当する内容を想定していますが、新人教育などに携わる指導者、管理者の方々にも活用いただけるものとなっています。また、初級に続いて2019年には中級、2020年には上級の講座・検定を順次スタートする予定です。

第二弾「表現技術検定(まちづくり)」を2019年に実施
表現技術検定は2つの部門で構成されています。第一弾の「建設ICT」は、まちづくりにおけるハード面に相当する「計画・管理」、「設計・施工」に対応。第二弾としては、まちづくりのソフト面に相当する「アセスメント(環境・安全)」、「対話・協議」に該当する内容として、VR技術を活用したまちづくりを担う人材の育成を目的とした「表現技術検定(まちづくり)」を2019年に予定しています。
・建設ICT部門(情報化施工、i-Constructionに関するもの)
・まちづくり部門(合意形成、アセスメント、アーカイブ等に関するもの)
この2つの部門は密接にかかわりあっています。まちづくり部門での実践には、建設ICT部門で構築されたデータやシステムを利用する必要があるからです。
そこで、本テキストでは、まちづくり部門に求められるスキルを学びつつ、建設ICTに関する基礎的な知識が習得できるようにしました。

まちづくりに最先端表現技術を取込む意義と効果
自然災害で地域に甚大な被害が発生したとき、大きな構造物が建てられて地域の景観や交通が一変してしまったとき、「こうなる前にある程度のシミュレーションと対策はできなかったのだろうか?」と誰もが思います。
開発計画を平面図や立面図、模型などで示されたとき、イメージパースをスライドで見せられたとき、「自分の家からはどう見えるのだろうか」「ちょっとだけ向きを変えたらどうなるんだろうか」などと思うのは当然のことです。
地下にあって見えない構造物(地下鉄や上下水道など)、昔あった建物やまちなみ、子どもが考えた突拍子もない建物、そんなものが実際に見えたら思ったことはありませんか。
ICTは、完全ではなくても、人が想像することを手助けすることができます。手助けとなるためには、ICTと人の思いとをつなぎ、人と人の対話を容易にするファシリテーターの存在が必要です。対話が容易になれば、理解が容易になり、そして何をしたらいいかという行動が容易になります。
残念ながら、まちづくりの現状は、与えられた案を理解させることにとどまっていて、一緒に案をつくるような取組みは多くありません。ICTを利用した最先端表現技術は、代替案の検討を含め、創造的なまちづくりへの住民参加を可能にします。
最先端表現技術を利用したまちづくりのファシリテーションは、現状においては活躍する場は多くありませんが、建設分野でのICT導入が進む中、近い将来はこれが常識になると考えて間違いありません。
そのパイオニアを育成するのが、表現技術検定まちづくり部門です。

まちづくり検定構成内容(予定)
●基礎編:まちづくりに関係する行政担当者や住民などで、特にICTに対する関心がなくても、なんとなく知っているかもしれない用語を中心に話題と出題例を提供します。
●ICTを活用したまちづくりファシリテーション:まちづくり分野におけるファシリテーションの意義や心得を踏まえた上で、ファシリテーションにICTを活用する利点や留意点を紹介します。
・VR等を利用したファシリテーションの利点
・VR等を利用する上での留意点
●実践事例紹介:まちづくり分野のファシリテーションにおいVR等の利用推進が期待されるジャンルでの実践事例を紹介します。
・都市開発・地域開発
・環境アセスメント
・リスク・コミュニケーション
・まちづくりアーカイブ
・まちづくりイベント
主催・お問い合わせ先

一般財団法人最先端表現技術利用推進協会
State of the Art Technologies Expression Association
Tel.03-6711-1955 FAX.03-6894-3888
mail: info@soatassoc.org  http://soatassoc.org/

最先端の表現技術が使われている作品およびプロジェクトを表彰する第2回「羽倉賞」2018年8月1日より作品募集スタート


第1回羽倉賞受賞作品「Tele Beauty」 株式会社 資生堂

一般財団法人 最先端表現技術利用推進協会(本社:東京都品川区)は、最先端の表現技術を活用した作品およびプロジェクトに敬意を払い、これを表彰する「羽倉賞」の第2回作品募集を2018年8月1日よりスタートしました。「羽倉賞」は、当協会の創設者であり、3D立体映像、ホログラフィ、VRなどの最先端表現技術の研究・普及に多大な功績を残された故羽倉弘之氏の功績を称え、表現技術の質を高め広く普及に貢献する目的で、2017年に当協会により創設されました。分野を問わず、最先端の表現技術を活用した作品および取り組みを通して社会に貢献した功績を表彰します。

グランプリの「羽倉賞」受賞作品には、賞金20万円およびトロフィー・賞状が授与されます。

羽倉賞とは

羽倉賞は表技協の創設者であり、3D立体映像、ホログラフィ、VRなどの最先端表現技術の研究、普及に多大な功績を残された故羽倉弘之氏の功績を称え、2017年に創設された賞です。分野を問わず最先端の表現技術を活用した作品や取り組みを通して社会に貢献した功績を表彰することで、表現技術の質を高め幅広い分野での普及に貢献することを目的としています。

羽倉賞概要

【羽倉賞】 賞金20万円、トロフィー、賞状 (1作品)
【表技協奨励賞】 賞金5万円、賞状 (数作品)
【企業賞】(フォーラムエイト)賞金15万円、賞状 (1作品)
第2回より協賛による「企業賞」が新設されました。 各種企業・団体様で協賛をご希望の方は、表技協事務局までご連絡ください。

  • 応募期間 2018年8月1日(水)-10月1日(月)※10月1日発信分のメールまで受付
  • 選考期間 2018年10月-11月初旬 表技協の選考委員会で審査
  • 審査結果通知 11月初旬 すべての応募者にメールで通知
  • 表彰式 218年11月15日(木)15:30-16:00
    フォーラムエイト主催「FORUM8デザインフェスティバル2018」(品川インターシティホール)にて開催
羽倉弘之

出身地:東京都
1946年2月~2016年10月
1974 米国コロンビア大学大学院卒業(MBA)、通産相外郭流通関係研究所研究員
1979 日本ポラロイド株式会社入社/経営企画室課長
1995 アートウェア株式会社代表取締役社長・会長、東映アニメーション研究所 専任講師
2005 東京大学大学院 情報学環特任研究員
2010 デジタルハリウッド大学大学院 特任教授
羽倉賞募集要項 詳細

http://soatassoc.org/hagura-youkou

表技協、新会長に長谷川章氏が就任

この度8月1日付けで当協会の発足以来約4年間会長をつとめた町田聡氏(アンビエントメディア代表)に代わり、デジタル掛軸などで世界的に著名なデジタルアーチスト長谷川章氏(石川県小松市在住)が新会長として就任しました。長谷川氏はこの10年間で国内外400か所でデジタル掛軸のインスタレーションを精力的に行われています。新会長の長谷川章氏は「コンピュータの演算能力やスピードが1万倍になるとされるシンギュラリティ(特異点)時代において、経済、産業、学術、芸術、家族、生命はどう特異点を迎えまた乗り切っていくのかを検証し、新しい人間の生き方あり方を構築することを目指す」と語られます。新たな風を受けて表技協の活動をパワーアップして参りますのでご期待下さい。

新会長長谷川章氏新会長 長谷川章氏 横浜赤レンガ倉庫1号館創建100年横浜赤レンガ倉庫1号館創建100年(2013年)
「長谷川章×横浜赤レンガ倉庫×デジタル掛け軸」

【長谷川章氏プロフィール】
デジタルアーティスト。石川県小松市在住。日本文化の精髄を体現するもの「デジタル掛け軸」を創造する。
「デジタル掛け軸」は音の無い音楽であり、一期一会の沈黙であるとし、何かの表現ではなく移ろいを環境化した光が奏でるサイレントな色彩のシンホニーであると語る。 パルテノン神殿を始め、アメリカ、ブルガリア、中国など内外にインストールを重ね、ZERO ONE SAN JOSE ART FESTIVALではアメリカパブリックアート2007ベストアーチストに選出される。2013年にはノーベル賞のナイトカップ晩餐会でサプライズアートに至る。この10年間で世界遺産など400箇所のデジタル掛軸インスール活動を精力的に行われている。

長谷川章氏 公式サイト:http://dk.popculture.jp/

羽倉賞受賞記念講演会&ネットワークパーティ開催レポート

 

第2回羽倉賞作品募集が8月1日よりスタートします。本年の作品・取り組みを募集するに先立ち、前回の受賞を記念した講演会とネットワークパーティを開催しました。第1回羽倉賞(2017年11月16日授賞式)の受賞者4名をお招きして貴重なご講演を聞ける機会を設け、広く一般の方にもご参加いただけました。最先端の講演は好評を賜り、表現技術の利用推進という目的に貢献できました。表現技術関連企業様をはじめ、クリエイター様、報道関係者様、研究者様、関係団体様など当協会らしい多彩な顔ぶれの皆さまで当日はたいへん盛況でした。お暑い中、足をお運びいただいた皆さまに御礼申し上げます。時代の最先端を牽引される受賞者の皆さまのご講演内容を、以下で一部ご紹介させていただきます。
羽倉賞受賞記念講演会 開催レポート
 開催日:2018年7月17日(火) 会場:(株)フォーラムエイト
主催:一般財団法人最先端表現技術利用推進協会 協賛:(株)フォーラムエイト

 

羽倉賞
発表者
株式会社資生堂 花原正基氏

作品名
Tele Beauty
 


資生堂クリエイティブ本部(受賞当時・宣伝デザイン部)は最新テクノロジーを応用するDesign R&Dプロジェクトを手がけておられます。受賞作品であるTeleBeautyもその一環として開発された作品です。高度な画像処理技術と、資生堂ならではのメイク技術が見事に融合された作品を実際の動画と共にご紹介いただきました。シンプルなUIによって、状況に合わせたメークパターンが数種類用意されていること、ストレスなくオンライン会議に参加することができ、機能とデザイン性が見事に両立されている様子をご発表いただきました。「オンライン会議で化粧を気にするのは日本独自の文化では?」といった指摘もあったといいますが、SXSW2017(アメリカ)に出展したところ世界の女性からも好評を得ることができました。

 

 

VR技術奨励賞
発表者
金沢美術工芸大学 中安翌氏

作品名 「Luminescent Tentacles
 


中安氏は「常に美的なものから触発や刺激を受け作品を制作している」と言います。今回作品にあるような触手的なものに関しては、先行作品が何点か存在していたので、特に「なめらかな動き」をテーマに作品制作に取り組まれています。発表の中で、素材の進化やさまざまな技術的な課題を解決してようやく完成へと辿り着かれた様子を具体的にご紹介いただきました。作品(作品紹介動画参照)のなかで256本設置したアクチュエータ=触手は、1本ずつ形状記憶合金に流れる電流の制御によって6方向に曲げることができます。この触手を個々に制御する事で、より滑らかで自然な動きを実現することが可能となりました。今回、この作品の為に開発された「触手ユニット」はメーカーとの協力で現在製品化が計画中とのお話もあり、中安氏の今後の活躍と期待が高まる発表となりました。

 


映像技術奨励賞
発表者
和歌山大学 天野敏之氏

作品名 「日本橋三越本店天女像音と光のインスタレーション
 


カメラを使った光学フィードバックによって、見かけの色彩や様々な質感を自由に操作できる投影システムについて事例を用いたご発表です。この投影システムは、リアルタイムにカメラで撮影した映像に対してその場で演算し、フィードバックを掛けることで、動態や、複雑な形状に対しても投影が実現可能です。作品で対象となった日本橋三越本店天女像は、高さ10mとたいへん大きく、木彫りで、複雑な形状をしていますので、縦に3分割して3台の光学フィードバックシステムを用いてインスタレーションを実現させたとのことです。3台の同期に工夫したことなど、制作秘話もお話しいただきました。その後も投影システムの高性能化を図っており、活用事例として飴やグミに対する投影、花や木の枝などのさらに細かいものにも投影可能となった様子などをご紹介いただきました。

 


表現技術利用促進奨励賞
発表者
和歌山大学 尾久土正己氏

作品名 「実写全天映像を使ったスポーツ・観光の新たな映像表現の普及
 


尾久土氏が全天映像への取り組みを本格化したのは、2009年の皆既日食がきっかけでした。元々天文関係に従事していた尾久土氏は、活動拠点の奄美大島からインターネット経由してプラネタリウムへ皆既日食を投影することを試みました。このことで、プラネタリウムで月の影によって空が暗くなっていく様子を全天周に上映して、これまでにない映像体験の実現に成功したといいます。氏は、全国に300近くあるプラネタリウムを利用して地域の観光名所を紹介したり、またスポーツ中継などに用いることで地域振興を目指されています。その一環である受賞作品は、収差の少ない特注の魚眼レンズを4Kカメラに装着して撮影されました。現在のプラネタリウムの最高の解像度は16Kなので、16Kの実写映像を撮影できるよう、今後の技術進歩に期待されているとのことです。尾久土氏はオリンピックなどのスポーツイベントでの全天映像の活用に向けて現在も鋭意活動中です。

 

会員作品展示

シリコンスタジオ株式会社様(法人会員)資料配付
傘木宏夫氏(NPO地域づくり工房)パネル展示
渡辺雄志氏(映像ディレクター)動画、パネル展示
中森寛太氏(公益財団法人鎌倉能舞台)資料配付
石川洵氏(石川光学造形研究所)光学装置の展示
・3次元映像のフォーラム会誌「3D映像」展示

 

ネットワークパーティ

講演会後にネットワークパーティを行いました。登壇者の皆さまをはじめ、当協会会員様、一般のご来場者様、当協会関係者など、多くの方々にご参加いただき、楽しいご歓談と交流が和やかに行われました。羽倉賞受賞記念講演会&ネットワークパーティへご参加とご協力をいただいた皆さまに御礼を申し上げます。

 

 

第2回羽倉賞 8月1日から作品募集開始


「羽倉賞」は、表技協の創設者であり、3D立体映像、ホログラフィ、VRなどの最先端表現技術の研究・普及に多大な功績
を残された故羽倉弘之氏の功績を称え、表現技術の質を高め広く普及に貢献する目的で、2017年に表技協により創設され
ました。分野を問わず、最先端の表現技術を活用した作品および取り組みを通して社会に貢献した功績を表彰します。

概要

■各賞
羽倉賞
 賞金20万円、トロフィー、賞状 (1作品)
表技協奨励賞
 賞金5万円、賞状 (数作品)
企業賞(フォーラムエイト)
 賞金15万円、賞状 (1作品)
第2回より協賛による「企業賞」が新設されました。
各種企業・団体様で協賛をご希望の方は、表技協事務局までご連絡ください。
羽倉賞トロフィー
■スケジュール
  • 応募期間 2018年8月1日(水)-10月1日(月)※10月1日発信分のメールまで受付
  • 選考期間 2018年10月-11月初旬 表技協の選考委員会で審査
  • 審査結果通知 11月初旬 すべての応募者にメールで通知
  • 表彰式 218年11月15日(木)15:30-16:00
    フォーラムエイト主催「FORUM8デザインフェスティバル2018」(品川インターシティホール)にて開催

募集要項 >>募集要項の詳細はこちら 

応募期間 2018年8月1日-10月1日 ※10月1日発信分のメールまで受付
募集対象 ・最先端の表現技術が使われている作品あるいは取り組み。
・2017年8月1日から2018年7月31日の間に公表/実施されたもの、あるいは、この期間に作品/
取り組みが完成しており2018年10月30日までに公表日が決まっているもの。
応募形式 ・通信で閲覧できる映像(YouTube等)や各種ドキュメント(PDF形式)等
・映像の場合はURL非公開の限定公開でもよいが、閲覧に特殊なソフト、特定の動作環境、会員制
などの条件がないもの。

第1回「羽倉賞」受賞結果

■羽倉賞 「Tele Beauty」 株式会社資生堂
高速・高精度の顔認識とメーキャップの仕上がりを再現するCG・画像処理技術を融合した表現技術
■VR技術奨励賞
「Luminescent Tentacles」

金沢美術工芸大学 中安 翌氏
キネティックサーフェイスシステム
■映像技術奨励賞
「日本橋三越本店天女像音と光のインスタレーション」

和歌山大学 天野 敏之氏
光学フィードバックによる実時間質感操作技術
■表現技術利用促進奨励賞
「実写全天映像を使ったスポーツ・観光の新たな映像表現の普及」

和歌山大学 尾久土 正己氏
ドームスクリーン向け実写全天映像

最先端表現技術推進協会レポート
Vol.18 第1回羽倉賞は「Tele Beauty」が受賞!/「表現技術検定」について (Up&Coming ’18 新年号掲載)


関連情報
・2018/06/19 羽倉賞受賞記念講演会&ネットワークパーティ(2018年7月17日)開催のご案内
・2017/11/16 第1回「羽倉賞」発表


ABOUT

住所 〒108-6021
東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟21F
一般財団法人最先端表現技術利用推進協会
事務局
電話 03-6711-1955
FAX 03-6894-3888
E-mail info@soatassoc.org

お問い合わせは事務局までお気軽にご連絡ください。

・最先端の表現技術に関する各種ご相談
・入会や活動に関するお問い合わせ
・メディア関係の方々からのお問合せや取材のご依頼

∧ PAGE TOP