NEWS

第11回部会「エプソンMOVERIOスマートグラスの体験会」

製品説明とデモ:エプソン販売(株) 永田恭子様
日時: 2017年3月13日(月)15:00~フォーラムエイト東京本社

概要:今回は、エプソン販売(株)のご協力によりMOVERIO BT-300デモ機を6台(+商用モデルBT350 1台)お持ちいただき、製品説明とともに実際の体験をさせていただいた。
ARスマートグラス EPSON MOVERIO『BT-300』は、コントローラー兼用の本体がセットとなったスマートデバイスであり、眼鏡部分(ヘッドセット)の重量は69gと非常に軽く、独自開発の有機ELディスプレイを採用し高輝度、高コンストラスト(100,000:1)、高解像度、高画質化を実現した「表示枠を意識させない映像表現」が特徴である。
EPSON BT-300紹介ページ http://www.epson.jp/products/moverio/bt300/

シースルーの背景に720Pの解像度でOLEDの黒が引き締まった明るいWindowが立ち上がる。
実際の使用例として、美術館、博物館の案内、観光名所での説明、字幕サービス、テーマパークやスタジアムでの情報提供などが紹介された。また、ドローンを使った撮影では、リアルタイムの撮影画像の確認と機体操縦のための実像の確認が同時にできるという長所があるとの説明があった。撮影画像のモニタリングと操縦が一人でできる点が利点である。
いくつかのアプリケーションを体験しAR機能の良さが確認できた。今後のアプリケーション開発により、大きなマーケットが期待され普及していくものと思われる。7歳未満の使用制限があり、使用ができないという点に注意が必要である。
新しい使い方アイデア等、活発な会員同士のフリーディスカッションも時間いっぱいまで続き、盛り上がりました。
1 2

第10回部会「AR/VRはモバイルが広げる」

発表者: 株式会社NTTドコモ 中村真之助(個人会員)
日時: 2017年2月13日(月)15:00~フォーラムエイト東京本社

概要:一般論としてモバイル機器へのAR/VR普及の課題は、通信システムの進化とモバイルデバイスの進化が必要であり、今年後半から始まるデバイス処理能力UP、4Kパネル、高速化(5G導入)により期待される応用分野(新しいビジネストレンド)等の説明がありました。
3 4

AR・S3D&VRセミナー

日時:2017年 2月 9日(木) 東京フォーラムエイト 東京本社 セミナールーム

概要:標記セミナーでは、表技協の後援により、UC-win/Roadとウェアラブルデバイスの連携システムと関連の最先端技術を紹介しました。Real映像とVirtual映像間に位置するVRとARの関係や3Dの使われる業界による意味の違い、S3Dの基礎知識と概要説明があり、VR、S3Dのウェアラブルデバイス連携事例について実機体験を含む紹介と説明を行いました。
スケジュール
 13:30~14:20  VR、S3Dの基礎知識と概要
 14:20~14:40  UC-win/RoadとVR-Cloud®について
 14:40~15:10  VR、S3Dのウェアラブルデバイス連携事例紹介(1)
 15:10~15:20  休憩
 15:20~16:00   VR、S3Dのウェアラブルデバイス連携事例紹介(2)
 16:00~16:30  質疑応答
講師 町田聡 氏(表技協会長、アンビエントメディア代表)
   他
後援 一般財団法人 最先端表現技術利用推進協会
5 6
7 8

ご参考:AR・S3D&VRセミナー(フォーラムエイトセミナーページ)

「表技協検定」に関するアンケートを設置しました。-超スマート社会に対応するために-:2/28アンケート終了

「表技協検定」に関するアンケートは2月28日をもって終了いたしました。
ご協力ありがとうございました。(2017/3/1)


今後の協会活動としての表技協検定に関するアンケートを実施することとなりました。
つきましては、いろんな方面で活躍中の皆様に表技協検定に関するアンケートのご協力をお願いしたいと存じます。
アンケートの実施期間は2017年2月28日までです。

アンケートにお答えいただいた方の中から100名様に図書カードをプレゼントいたしますのでご協力いただける方は、下記のURLにアクセスいただき、ご回答の程 宜しくお願いいたします。アンケートは、10分程度で終わります。

「表技協検定」に関するアンケート -超スマート社会に対応するために(アンケートは終了しました)

なお、記入いただきました個人情報につきましては、表技協プライバシーポリシーに従い適切に管理させていただきます。

プライバシーポリシー:http://soatassoc.org/about/privacy-policy

第9回部会「ホロレンズ体験会」

第9回部会「ホロレンズ*体験会」
実機提供 サードウェーブデジノス 林田 奈美(個人会員)
日時: 2017年1月10日(火)15:00~フォーラムエイト東京本社

概要:本体に付属のアプリを使い、参加者全員でホロレンズを実体験しました。装着感やジェスチャー、音声による操作などの使い勝手、今後の可能性などについて意見交換が行われました。
1 2

*マイクロソフト製「HoloLens」は、完結型ホログラフィックコンピュータであり、内蔵センサーにより簡単なジェスチャーや音声によるコマンドで反応するワイヤレスで使用できるヘッドマウントディスプレイ(HMD)で、視線や頭の動きに合わせてカーソルが動きます。半透明なゴーグルを通じ、現実世界に浮かぶウィンドウにバーチャルな世界が表現され拡張現実が体験できます。

ABOUT

住所 〒108-6021
東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟21F
一般財団法人最先端表現技術利用推進協会
事務局
電話 03-6711-1955
FAX 03-6894-3888
E-mail info@soatassoc.org

お問い合わせは事務局までお気軽にご連絡ください。

・最先端の表現技術に関する各種ご相談
・入会や活動に関するお問い合わせ
・メディア関係の方々からのお問合せや取材のご依頼

∧ PAGE TOP