NEWS

第20回部会「能を知る会」観劇

タイトル:「能を知る会」横浜公演の観劇
■主催者 :(公財)鎌倉能舞台

日時:2018年3月12日(月)14:00~17:00
場所:横浜桜木町 「横浜能楽堂」
写真撮影:駒井壮介/提供:鎌倉能舞台

   
■「能を知る会」公演パンフレット ■願書を読み上げる覚明(シテ) ■覚明(シテ)による男舞

※シテ・・・主役

■今回の部会は「伝統文化プロジェクト」―クリエイティブ部会―の開始にともない「能を知る会」横浜公演を観劇しました。

■公演プログラム
・講演「三読物について」: 小林健二(国文学研究資料館教授)
(勧進帳・起請文・願書)
・仕舞「兼平、巴 観世喜正、観世喜之」
・狂言「宗論」:山本泰太郎、山本則孝
・能 「木曽(願書)」:中森貫太(字幕解説付き)
・質疑応答:中森貫太

■講演:三読物について(勧進帳・起請文・願書)
能の中で、三読物と呼ばれる安宅「勧進帳」・正尊「起請文」・木曽「願書」の内容や歴史について解説して頂きました。
事前に解説を聞く事で、後の講演「木曽(願書)」について理解しながら観劇することができます。これらの演目は、それぞれの名文を朗々と読み上げる難しい演目で、特別な訓練が必要ということです。

■狂言:「宗論」山本泰太郎、山本則孝
旅の浄土僧と法華僧が宿屋で宗論を繰り広げるも、言い争ううちにお互いの宗旨を取り違える言い間違いをしてしまったことから、信仰に違いはないと悟り、仲直りをするというお話です。
字幕解説無しですが、理解し易いないようで楽しむ事ができました。

■能:「木曽(願書)」覚明(シテ):中森貫太(字幕解説付)
木曽義仲の物語ですが、シテ(主役)は軍師の覚明で、必勝祈願の願書朗詠、戦勝祈念酒宴の男舞がクライマックスです。
男舞は、僧侶の衣装である長袴(足先1m以上)を履いてのダイナミックな踊りで、足さばきなど非常に難しいとのことです。

■質疑応答: 中森貫太
公演直後にも関わらず、シテの中森貫太さんが直接舞台で質疑応答に対応いただき、初心者から、能に詳しい人まで各種質問に30分以上回答されていました。この質疑応答で、能の歴史や演目の難しさなど、より理解が深まり大変有意義でした。

■舞台配置 ■小林教授のご講演 ■狂言「宗論」舞台の様子

スクリーンを正面と横用に2台設置し、プロジェクタで裏から字幕を投影し、講演時や能の解説を表示しています。狂言は分かり易いストーリーなので字幕なしでも充分楽しむ事ができます。

■能:必勝祈願の願書読み上げシーン

■字幕の様子(能「木曽」シテ:中森貫太)
物語の進行に応じて、日本語と英語の解説字幕を表示しています。内容は、セリフそのものではなく、状況が分かり易いような解説です。セリフそのものを表示したり、詳しい情報を表示すると、字幕ばかり見てしまい舞台に注目できなくなるので、表示内容は吟味が必要とのことでした。(スマホを使うと手元ばかり見てしまうので良くない。)

能に詳しい方からは、字幕が目に入って観にくいという意見もあり、表技協会員みなさまからのアイデアに期待しているとのことです。一点町田会長より、画面切り替えの際にフェードを掛けると、切り替えが滑らかになり、画面の切り替わりが目立たなくなるのでは、という提案をしています。

■公演後の中森貫太様による質疑応答

■横浜能楽堂エントランス写真撮影

■中森貫太様を囲んだ記念撮影■

伝統文化プロジェクトの開始ということで、はじめて能を観劇する会員も多かった今回、解説や字幕の演出のおかけで、入り易く、大変面白く観劇することが可能となりました。今後も様々な形で「伝統文化」と「最先端表現技術」の融合に挑戦していきたいと思っております。会員の皆さまの積極的な参画をお待ちしております。

またご招待のみならず当日の記念撮影や、公演写真の提供など大変お世話になりました「鎌倉能舞台」様にこの場をお借りして御礼申し上げます。(事務局富澤)

 

アカデミック部会「三次元映像のフォーラム」プロジェクトの開始

現在、表技協には会員の立場に応じた「ユーザー部会」(利用者)、「クリエイティブ
部会」(クリエイター)、「プロダクツ部会」(ベンダ)の3つの部会があります。
この度「アカデミック部会」(研究者)を新設し、主に学術的なアプローチから
“最先端の表現技術”を研究、推進していきます。

さらにアカデミック部会において「三次元映像のフォーラム」プロジェクトを開始
いたします。このプロジェクトは、かねてより協力団体であった「三次元映像の
フォーラム」が、表技協アカデミック部会へと舞台を移し、従来の研究活動をさら
に活性化するものです。
部会長 佐藤誠 氏(東京工業大学名誉教授)、副部会長 加納裕 氏(ソフト
キューブ株式会社)の体制のもと、引き続き研究会など活発な活動を継続していく
予定です。

アカデミック部会「三次元映像のフォーラム」プロジェクトにご興味のある皆さまの、
表技協へのご入会を待ちしております。ホームページ入会案内よりお申し込みください。

表技協会員の皆さまで、アカデミック部会「三次元映像のフォーラム」プロジェクトに
参加ご希望の方は、事務局までご連絡をお願いします。 会員の皆さまによる積極的な
提案と参画をお待ちしています。 関連する情報、提案、ご意見等を事務局にお寄せ
ください。本プロジェクトに興味をお持ちいただけそうな関係者等をご存知でしたら
ぜひ、ご連絡やお誘いをよろしくお願いいたします。

表技協伝統文化プロジェクトの開始

これまでの表技協の活動には、伝統文化への表現技術の応用という観点がありました。
この方向性を、能をはじめ伝統文化への表現技術の利活用を探る活動としてさらに活性化
するため、クリエイティブ部会において「伝統文化プロジェクト」を開始いたします。

具体的には、PMやVRなどを用いた能の舞台演出、公演のアーカイブ化や観劇に関する
表現技術の利活用について、企画および研究を行う予定です。将来的には、字幕PM・HMD
などによる視聴覚障碍者への観劇サポート、VRによる能の演者視点(能面内からの視点)
や客席からのVR撮影にも挑戦していきます。また「江戸写し絵」や「錦影絵」へのモバ
イルマルチプロジェクション技術の応用などの活動も検討しています。

クリエイティブ部会「伝統文化プロジェクト」にご興味のある皆さまの、表技協への
ご入会を待ちしております。ホームページ入会案内よりお申し込みください。

表技協会員の皆さまで、クリエイティブ部会「伝統文化プロジェクト」に参加ご希望
の方は、事務局までご連絡をお願いします。 会員の皆さまによる積極的な提案と参画
をお待ちしています。 関連する情報、提案、ご意見等を事務局にお寄せください。
本プロジェクトに興味をお持ちいただけそうな関係者等をご存知でしたらぜひ、ご連絡
やお誘いをよろしくお願いいたします。

円融寺プロジェクションマッピング奉納に伴う「自主簡易アセスメント」実施報告

円融寺プロジェクションマッピング奉納に伴う
自主簡易アセス報告について

イベント当日スタッフによる現場点検の様子

円融寺プロジェクションマッピングの参拝客は年々増えており2016年開催時には事前のマスコミ
報道もあって約2,000人もの来場者がありました。

このため今回は主催者側より依頼を受け、「表技協」と「NPO地域づくり工房」が手を組み
騒音対策等の立案・評価に関する、自主簡易アセスが実施されました。
アセスでは次のような取り組みを行いました。
円融寺プロジェクションマッピング自主簡易アセス実施報告書

    • 活動実績
2017年10月 「円融寺PM自主簡易アセス実施計画書」作成
2017年12月 「騒音対策事前配慮書」作成
2018年1月 「円融寺PM自主簡易アセスメント報告書」作成

計画の目的は毎年恒例となった円融寺PM奉納に際して、近隣への環境の質を高めるため
「事前配慮計画」を策定しその実施状況について検証を行う物です。

そして「事前配慮計画」に応じた「騒音対策事前配慮書」を作成し、目黒区の関連自治体などに提出。
その後、円融寺近隣地域にアンケートを配布し、調査を実施しました。
「騒音対策事前配慮書」の主な内容は「環境確保条例」に則った、以下の5点となります。

【対策】
① 時間の制限 … 前年より投影回数を減らし午後11時に投影終了。
② 音量の制限 … 当日リハーサルで測定器を用いて音量試験を行い条例レベルを上回らないよう調整。
③ 拡声器の設置場所 … 仁王門方面へ向けていた拡声器2台を旧庫裏、庭園、小学校校舎方向に設置。
(図A)
④ 拡器の角度 … 拡声器の高さを2mほど上げ、やや下方向へ向ける事で拡散を抑える。
(図B)
⑤ 選曲 … 周囲と調和する静寂な選曲・有意味音のある曲を使用しない。

(図A)

拡声器の設置方向を調整
(図B)

拡声器の設置高さと角度を調整

「騒音対策事前配慮書」を作成する事で、イベント当日の警備にも地元自治体や警察等と
連携をとる事が可能となり、事故のない安全なイベント運営へと大きくつながりました。

観客誘導プランの策定支援に取り組み

表技協では今回の調査をより有効に利活用するため、株式会社フォーラムエイトの協力を得て
観客誘導の策定プランに取り組みました。

夜間・狭所に多様な年齢層が集中した場合の避難経路や災害対策調査を実施した周辺環境も
含めたVR空間を3次元モデル化。そして3Dプリンタで出力し、投影シミュレーションを
行う事で、さまざまな事前検討も可能となります。

第19回部会「裸眼3Dディスプレイの紹介」

 

日時:2018年2月20日(火)15:00~17:00
場所:五反田 TOCビル10F 三友株式会社倉庫、白雉子ビル10F 三友株式会社本社
■タイトル
「裸眼3Dディスプレイの紹介」

■発表者
三友株式会社 取締役 樫尾研史様



85インチ4K裸眼3D
ディスプレイ


同左立体画像


42インチFHD裸眼3Dディスプレイ
■今回の部会は2つの会場に渡ってデモ及び解説が行われました。

<三友株式会社TOC倉庫>
・「85インチ4K裸眼3D縦置きLCDディスプレイ(3840×2160)」

レンチキュラーレンズ方式、4視差の立体視による、大画面、高解像度、高輝度のディスプレイ。
迫力があり、なおかつ自然な3D画像を体験できるようになっております。
このサイズになると重量(約300Kg、表面の保護ガラスを省略して約240Kg)や高さ(約2m)から
設置場所が限定されてしまうため三友本社でも社内に設置できないという事。

また、コンテンツ作成費用や更新費用が掛かる点などから、広告代理店と共同で用途開発をしています。
コンテンツ制作については、三友株式会社様や機器ベンダにて請け負うことが可能です。
コンテンツ内容を簡単に変更できる仕様を用いる事でコンテンツ制作費のコストカットも実現できます。
また、更に大きなサイズに対応するため、複数LCDを 2×2, 3×3, 4×4 等に積上げたウォールタイプも
提案できるとのことでした。

<三友株式会社本社>
・42インチFHD裸眼3DLCDディスプレイ
・27インチ4K裸眼3DLCDディスプレイ

42インチFHDは、立体感がとても大きく「短時間で効果的な映像を表現する」用途に適しており、
85インチ4K,27インチ4Kは、高解像度ゆえに飛び出し感はやや狭いが「長時間の視聴しても
疲れにくい」というそれぞれの利点がありました。

・今後の裸眼3Dディスプレイについて
大型液晶は4Kに移行しつつあることから、3Dディスプレイも4Kへ移行していくであうとのことです。



3DホログラムLEDディスプレイ
画面


3DホログラムLEDディスプレイ
正面図


3DホログラムLEDディスプレイ
側面図
■3DホログラムLEDディスプレイの紹介
回転翼にカラーLEDを一列に並べ、回転に同期させて画像を表示するというディスプレイです。
あたかもホログラフィーのように壁から映像が浮き出てきます。
回転しているカラーLEDにオンラインで映像データを送るのは難しいので
フラッシュメモリで事前にデーターを転送しておく方法をとっています。
また、PCの専用ソフトを用いれば、通常の動画データを簡単に編集、データ変換が可能との事です。
 

次回の合同部会は平成30年3月12日(月)13:50~17:00 「能を知る会」に参加予定
(横浜桜木町 横浜能楽堂)

 

ABOUT

住所 〒108-6021
東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟21F
一般財団法人最先端表現技術利用推進協会
事務局
電話 03-6711-1955
FAX 03-6894-3888
E-mail info@soatassoc.org

お問い合わせは事務局までお気軽にご連絡ください。

・最先端の表現技術に関する各種ご相談
・入会や活動に関するお問い合わせ
・メディア関係の方々からのお問合せや取材のご依頼

∧ PAGE TOP