2017年除夜の鐘プロジェクションマッピング奉納レポート

2017年円融寺プロジェクションマッピング奉納-釈迦堂-

昨年の大晦日で6回目を迎えた円融寺でのプロジェクションマッピング

すっかり地元にもなじんで暮れの風物詩となりました。
表技協でも協賛させていただいてから4回目となりました。

今年は設営中の昼間に小雨が降って大変でしたが、夕方以降はすっかり晴れて満月に近い月(13夜)が寒空に煌々と輝いていました。

ただ、雲も多く、月の輝きと重なりプロジェクションマッピングにとっては明るい夜で、釈迦堂も照らされて少々難しい状況となりました。


設営の合間には住職さんによる安全祈願が行われました。

なんと、我々が投影する釈迦堂の中と、エア書道を行う仁王門のそれぞれの仁王様にも計三ヶ所で祈願のお経を上げていただくのです。

円融寺さんの釈迦堂は室町時代初期に建てられたもので東京23区では最も古い木造建築で、700年近く前のものということになります。

この中で祈願していただけるということは大変貴重な体験で、心が引き締まる思いがします。(坐禅会に参加すると、ここで坐禅が行えます)

2016年からプロジェクションマッピングに加えて「エア書道」という体の動きによってインタラクティブに書を書くインスタレーション(kinect利用のデジタルアート)を釈迦堂に対して行っています。(仁王門では来場者が体験することができます)

釈迦堂に書く一文字は円融寺のご住職に来年の一文字として選んでいただきます。


2017年の一文字は「志:こころざし」でした。
エア書道で書いていただく方は書家の日向伯周先生です。

その後のプロジェクションマッピングも好評で、円融寺幼稚園の園児が釈迦堂をぬり絵する「ぬりえマッピング」も書いた本人が家族で来ていて歓声を上げていました。

 ※リアル書道コーナーの様子

文:町田聡/撮影:福原毅