第19回部会「2.5億画映像19K13Kデータを使用した高解像映像製作・活用の事例紹介」

日 時:2017年12月11日(月)15:00~17:00
場所:株式会社フォーラムエイト東京本社プレゼンテーションルーム

■プレゼンタイトル

「2.5億画映像19K13Kデータを使用した高解像映像製作・活用
(マルチディスプレイ、ドーム、電子ズーム等)の事例紹介」

■発表者

キヤノン株式会社 デバイス開発本部
半導体デバイス要素開発センター
担当部長 小川勝久様(法人会員)

プレゼンの様子
法人会員(キヤノン株式会社)小川勝久様

聴講後ディスカッションが行われました。
      1. ■キヤノン初のAF一眼レフカメラEOS650用に開発されたバイポーラ型増幅センサーBASIS(ベイシス)。
      小川さんの発表はBASISからCMOS(シーモス)センサーが誕生する経緯からはじまり、CMOSセンサーの持つ優れた特徴(低電力、ノイズ除去)などを解説。天体観測、監視カメラで活かせる高解像映像制作技術、それらが応用・活用されている具体例などを実際の映像を交えて紹介されました。
      1. ■8Kが主流になった時それ以上の高解像度データが出てきたらどうなるかや、CMOSセンサーにはマルチカメラで撮りにくいライムラプスや星空など独自の得意分野があること。静止画でしか撮れないコンテンツの追及。
      超高感度COMSセンサー独自の強味を活かした市場拡大など、製品開発と応用分野への意欲的な発表を行われました。

     

      ■様々な可能性を秘めた表現技術を用いて、人間がどのようにその成果を利用していくかがディスカッションの大きなテーマとなりました。
    次回の合同部会は平成30年1月15日(火)15:00~「プソンスクエア新宿」見学

    超短焦点プロジェクター・超短焦点レーザー等のプレゼン聴講予定です。

    個人会員または法人会員の方はご参加可能です。
    お申込みはこちらまたはinfo@soatassoc.orgまでお気軽にご連絡ください。