NEWS

表技協、最先端の表現技術を利用した作品等に贈られる「羽倉賞(賞金20万円)」を新設、8月1日より募集開始

最先端の表現技術に関する利用推進活動を行う一般財団法人最先端表現技術利用推進協会(本部:東京都港区、理事長:伊藤裕二、略称:表技協)はこの度、最先端の表現技術のさらなる利用推進を支援するための賞を新設いたしました。

新設した賞は「羽倉賞」で、表技協の創設者であり、3D立体映像、ホログラフィ、VRなどの最先端表現技術の研究、普及に多大な功績を残された故羽倉弘之氏の功績を称え、2017年に創設された賞です。分野を問わず最先端の表現技術を活用した「作品」および「取り組み」を通して社会に貢献した功績を表彰することで、表現技術の質を高め広い分野での普及に貢献することを目的としています。

「羽倉賞」は、表現技術関係の団体を窓口としてその会員が応募できる仕組みとなっており、すでに、(一社)デザイン&テクノロジー協会、超臨場感コミュニケーション産学官フォーラムなどが募集を開始しています。

表技協では合わせて応募を希望する団体の募集も受け付けています。

———————————————-
応募の概要は下記となっています。
———————————————-

■応募資格

表現技術に関する関係団体様の会員様をご推薦いただく方法で行い、推薦された方に応募していただきます。応募者は応募にあたり著作権者や各種権利関係者に公表の可否など応募に必要な許諾を得ていただいた上で応募してください。
※企業は表現関係の団体様を経由してお申し込みください。

■応募方法

所定の応募用紙により推薦団体様経由で応募してください。

■応募内容と期間

以下の要件をすべて満たす作品あるいは取り組みであること。
1.最先端の表現技術が使われている作品あるいは取り組みであること
1)最先端の表現技術とは
技術の新旧ではなくその使われ方が従来にない、あるいはまだ普及させる余地があり、そのことが社会への貢献につながると思われる表現であることを指します。
2)作品とは
作者以外が体験できるもので、映像、サウンド、インスタレーション、空間、建築などその作品の形態は問いません。
対象期間:2016年8月1日から2017年7月31日の間に公表されたもの、あるいは、この期間に作品が完成しており2017年10月30日までに公表日が決まっているもの。
3)取り組みとは
作品の形になっていなくとも、最先端の表現技術に関した普及や支援などの取り組みを指します。
対象期間:2016年8月1日から2017年7月31日の間に取り組み自体が行われた、あるいは行われていること。 または、この期間に取り組みが完成しており2017年10月30日までに公表日が決まっているもの。(開始時期は対象期間以前でも構いません)

■応募方法

通信で閲覧できる映像(YouTubeなど)あるいは、ドキュメント(PDF形式)の添付のいずれか、あるいは両方で応募いただけます。映像の場合は閲覧に特殊なソフトや特定の動作環境および会員制などの条件がないこと。(URLを知っていないと閲覧できない限定公開でも構いません)受賞後は当該の映像や画像、テキストのデータでの提供をお願いします。

■審査方法

表技協の選考委員会(理事、外部審査委員、会員などで構成)で審査されます。

■賞の内容

・羽倉賞 1点 20万円
・表技協奨励賞(仮称) 数点 5万円

■スケジュール

・募集期間 2017年8月1日-9月30日
(9月30日に発信されたメールまで受け付けます。)
・選考期間 2017年10月-11月初旬
・審査結果通知 11月初旬(メールによる通知)
・授賞式 2017年11月16日(木)午後
「FORUM8デザインフェスティバル2017」にて
場所 品川インターシティホール

■送付先

応募用紙に記載し、必要資料を添付して下記までメールでお送りください。
一般財団法人最先端表現技術利用推進協会 事務局 E-mail: info@soatassoc.org
表題は「2017年度羽倉賞応募」としてください。

■応募および受賞に伴い事前にご了承いただく事項

1.応募いただいたデータなどは返却いたしません。
2.応募いただいた作品は授賞式および表技協の広報活動(ニュースリリース、ホームページ、印刷物、放送、配信、新聞・雑誌等)で取り上げられる場合があります。
ニュースリリースで取り上げられる場合は、各種メディアに掲載されることがあります。
その場合に応募資料や作品の一部を抜き出して公表する場合がありますので、予めご了承ください。
とくに複数の企業や団体が関係して製作されたものは、必要な関係者の許可を応募前に取っておいてください。許諾がとれていないものの応募はできません。
3.他者の権利(著作権、肖像権、特許権、名誉棄損など)を損なう内容や法規制に触れる内容が含まれる作品や取り組みの応募はできません。
4.受賞後に、本表彰の目的を損なうような行為、応募内容に関する虚偽の記載等の不正行為が判明した場合には、受賞の取り消し等を行うことがあります。このような場合同じ方からは一定期間応募をお受けしないことがあります。
5.受賞した方は最低1回、表技協の求めに応じ無償にて受賞講演をしていただきます。
(時期は受賞後ご相談)

応募申請書類及び審査時に応募者から得た情報は、本事業の目的外には使用しません。

■お問合せ先

〒108-6021 東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟21F
一般財団法人最先端表現技術利用推進協会事務局 堀越 和弘
TEL:03-6711-1955 FAX:03-6894-3888 E-mail:info@soatassoc.org

URCF実空間メディアワーキンググループセミナー

URCF実空間メディアワーキンググループセミナーのご案内
「実空間メディアを考える vol.2」

日時:2017年9月8日(金)13:00-17:00(懇親会あり) 会場:フォーラムエイト東京本社 セミナールーム

超臨場感コミュニケーション産学官フォーラム(URCF)の実空間メディアWGでは、この度、一般財団法人最先端表現技術利用推進協会(表技協)との共催により、下記の通りセミナー「実空間メディアを考える vol.2」を開催いたします。
今話題のAR/VR関連の動向を知るために重要な市場動向やARを含めた没入型映像システムの戦略策定報告書などのセッションを基礎情報とし、実空間メディアの事例として「リアルタイムの動的プロジェクションマッピング」および「モバイルARによるインテリア製品の購入支援システム」を取り上げ、いよいよその実用性が見えてきた実空間メディア自体に迫るセミナーとなっています。
セミナー後のラウンドテーブルでは、講師と参加者によるディスカッションの場を設けています。
XR(VR/AR/MRなど)の将来展望やその実用性に興味を持たれる方には見逃せないセミナーですので奮ってご参加ください。

■ 主催: 超臨場感コミュニケーション産学官フォーラム(URCF)
■ 共催: 一般財団法人最先端表現技術利用推進協会
■ 開催日時: 2017年9月8日(金)

12:30開場、13:00開始、17:00終了(懇親会:18:30終了)

■ 場所: (株)フォーラムエイト セミナールーム

東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟21F http://soatassoc.org

■ 参加資格: URCF会員、表技協会員(法人会員・個人会員)、一般 (定員63名)

※上記の会員優先ですが、定員に余裕がある場合には一般の方の参加申し込みが可能です。

■ 参加費: セミナー無料  懇親会参加される方 2,000円
■ 会員申し込み締め切り日: 2017年8月25日(金)
■ 一般参加申し込み受付期間:2017年8月28日(月)〜9月1日 (金)

※受付期間外でお送りいただいたメールは無効となりますのでご注意ください。
※受付期間前や受付期間中でも定員になり次第締め切らせていただきます。

■ 申し込み方法:

・各会員の方は、それぞれの事務局からの案内メールにてお申し込みください。
・一般の方は、連絡先を明記の上、表技協事務局に「9/8セミナー参加希望、懇親会出欠を明記」の上、
 上記の「一般参加申し込み受付期間」内にメールにてお申し込みください。
※一般申し込み先:表技協事務局  info@soatassoc.org
※参加資格にある「会員優先」で、定員になり次第締め切らせていただきます。
※一般の参加可否のご連絡は、9月2日以降順次表技協事務局よりご連絡します。

【 セミナー概要(デモ展示も予定しています)】

■ 12:30 開場  デモ展示見学(予定)
■ 13:00-13:10 挨拶
町田 聡 氏(URCF実空間メディアWGリーダー /(一財)表技協会長)
■ 13:10-13:40 「AR/VRヘッドセットの市場動向と海外のユースケース」
菅原 啓 氏(IDC Japan株式会社)

概要:IT系調査会社IDCジャパンは、AR/VRヘッドセットの出荷台数の分析と予測を世界規模で行っており、国内外のAR/VRに関する知見を豊富に蓄積しています。
これらのデータに基づき、AR/VR市場の今後を世界と日本を比較しつつ展望し、日本国内のAR/VRマーケットが飛躍を遂げるためには何が必要かを省察します。

■ 13:40-14:10 「HMDを中心とした没入型映像システムに関する戦略策定事業の成果概要」
河合 隆史 氏(早稲田大学 基幹理工学部 表現工学科 教授)

概要:平成28年度に、機械システム振興協会よりデジタルコンテンツ協会が受託・実施した「ヘッドマウントディスプレイを中心とした没入型映像システムに関する戦略策定」事業の成果概要について報告します。
具体的には、当該事業で行われた実験的検討の結果や、そこから得られた知見について紹介します。

(休憩) デモ展示見学
■ 14:25-14:55 「ビジョン・プロジェクタの高速化と実空間メディアの進化」
渡辺 義浩 氏(東京大学情報理工学系研究科システム情報学専攻 講師)

概要:本講演では、実空間を認識するビジョン技術と実空間を塗り替えるプロジェクション技術、この2つの高速化に焦点を当てます。
ビジョン・プロジェクタの速度が、実空間メディアの進化にどう貢献できるのかについて、プロジェクションマッピングやリアリスティックディスプレイの具体的事例をもとに紹介いたします。
また、市販化されている高速プロジェクタのデモも行います。
※デモ展示: 東京エレクトロンデバイス(株)「DynaFlash」
最大1,000fps/8bit階調で映像を投影可能な高速プロジェクタ

■ 14:55-15:25 「理想を現実で確認するルームコーディネートアプリ ”RoomCo AR”」
園田 一麿 氏(株式会社リビングスタイル)

概要:買ってみたら大きすぎた。部屋の雰囲気に合わなかった。
17を超えるブランドのアイテムを自由に配置できる「RoomCo AR (ルムコエーアール)」は、こうした家具購入における課題を解決します。
プラットフォームを志向したビジネス戦略に加えて、従来からのマーカーベースのAR(Augmented Reality) と Google Tango や Apple ARKit といった最先端のフレームワークを使ったMR (Mixed Reality) 技術との比較を中心に弊社の技術的な取り組みを紹介します。
※デモ展示:Tango、ARkit などによるスマホARの体験

(休憩) デモ展示見学
■ 15:40-17:00 講演者及び参加者によるラウンドテーブル
モデレーター 町田 聡 氏(URCF実空間メディアWGリーダー /(一財)表技協会長)

講演者の方々と会場の方によるディスカッション

■ 17:00-18:30 懇親会 (株)フォーラムエイト セミナールーム  参加費 2,000円

第14回部会「プロ用360°VRカメラ最新事情について」

セミナーと商品展示:特殊空撮と360°VR撮影のプロフェッショナル ジュエ(株)
西條 結城 様

日時:2017年7月10日(月)15:00~ フォーラムエイト東京本社プレゼンテーションルーム
概要:今回は、最新の360°VRカメラの動向-その性能・特性から、360°VR撮影・編集の動向-その傾向・今後の展望まで、実体験に基づいた貴重なお話を聞かせていただきました。

■ 最新360°VRカメラ
6台のカメラが自動で同期し撮影フレームが完全に一致できる高解像度の「GoPro Omni」、シネマカメラを複数台組み合わせ映画品質が撮影可能なジュエオリジナルの360°VRカメラ、水深1,000mまでの撮影が可能な360°VRカメラなどが紹介されました。
観光のみならず、ライブ・コンサートから夜間撮影・水中撮影まで、さらには映画までもカバーする360°VRカメラの進展には瞠目するばかりです。

【 GoProOmni 】
【 GoProOmni 】
【 水深1,000mまで撮影可能なVRカメラ 】
【 水深1,000mまで撮影可能なVRカメラ 】

■ 最新360°VR撮影
360°VR撮影も固定から移動へと移り、さらにはライブ配信可能な360°VRカメラ「Z-CAM S1」は、映像の繋ぎ目を自動的に修正するソフトを内蔵し Facebook も推奨する最新型で、その開発ベンチャーは「立体視」も実現させようしています。
現在の360°VR映像は「最先端のビジュアル」としてブランディングに活用されるケースが多いのですが、今後は3Dスキャナーデータと実写を合体させた「CGとリアルの360°VR映像」へと展開されてゆくだろうと、演者は締め括りました。
そういう映像をスマホで手軽に体験する未来は近いのかもしれません。

【 Z-CAM S1】
【 Z-CAM S1】

第13回部会「キヤノン4Kレーザープロジェクターと短焦点プロジェクター評価体験会」

製品説明とデモ:キヤノンマーケティングジャパン(株) 門安博様、キヤノン(株)西原 芳樹様ほか
日時: 2017年5月15日(月)15:00~フォーラムエイト東京本社

概要:今回は、キヤノンマーケティングジャパン(株)様とキヤノン(株)様のご協力により4Kと短焦点の最新プロジェクターをお持ちいただき、説明とデモをしていただいた後に、表技協会員の持ち込んだ映像を投影し評価をさせていただきました。

■4Kレーザープロジェクター:4K6000STZ
http://cweb.canon.jp/projector/lineup/4k600stz/index.html
・4,096×2,400x3LCOS/6000lm/レーザー光源/26Kgと同クラスとしては小型軽量。
01_20170515_140838

センターのピントを保ったまま周辺のピントを変えられるなどプロジェクションマッピングやVRシアターにも適した機能が確認できました。(手前の紙のピントと奥のスクリーンのピントの両方を合わせることができる)
02_20170515_161539

 

■短焦点プロジェクター:WUX500ST
http://cweb.canon.jp/projector/lineup/wux500st/index.html
・1,920×1,200x3LCOS/5000lm/超高圧水銀ランプ光源/短焦点でありながら最大75%のレンズシフトが可能 。
03_20170515_173202

机の下から打ち上げるようにスクリーンに投影していた状態からレンズシフトしてスクリーンの下側まで下げてみていますが、四隅までピントがあっています。
通常短焦点ではスクリーンの高さ位置が決まってしまいピントも合いにくいので苦労しますが、これだけレンズシフトや四隅までピントが合えばセッティングが楽になり短焦点プロジェクターの活用範囲が広がると感じました。
04_要トリミング20170515_151641

 

■4Kプロジェクターでの評価開始
今回は希望する法人会員さんと個人会員さんが4K対応の作品を持ち込み、それぞれ確認したい点をたっぷり時間をとって確認することができました。
・シリコンスタジオ(最新ゲームエンジンXenkoでの4K出力)
・Flapper3(4Kタイトルフッテージでのボケ足確認)
・手島康子(高解像度マルチプロジェクションマッピング素材のフレア表現の確認)
・フォーラムエイト(3次元リアルタイムVRソフトウェアUC-win/Roadでの4K出力)
(敬称略)

シリコンスタジオのXenkoで4Kゲームを体験
05_20170515_164403

120インチ程度なら、近くでみてもドットが分からない
06_20170515_161158

フォーラムエイトのUC-win/Roadで4Kのカーシュミュレターを体験
07_20170515_171001

第12回部会「VRを取り巻く現在の法環境と望ましい未来について」

講師: Game Tools & Middleware Forum 運営委員会代表 大和 智明様
株式会社サードウェーブデジノス 個人会員:林田 奈美様

日時: 2017年4月10日(月)15:00~フォーラムエイト東京本社

概要:VR Safety「VRを取り巻く法規制について考える」
まだ明確ではないがVRを取り巻く状況の中に法的な問題があることは容易に想定きる。
本講演では過去にゲームセンターや飲食店などで規制された例に学び、VRでも安全性や法律により規制される要素がないか関係者の間で十分な議論を進めることが必要と考え、それによりVR普及の妨げになることを回避できないかという観点で開催された。
講演者は、将来的にVR利用のガイドラインの作成を目指すきっかけになればと語っている。
また、表技協では法規制の観点ではないが、立体視などの生体安全性についても同じくVRで利用するためのガイドラインが必要と考えており、今後は講演者とも連携してVRの健全な普及促進を進めていくことを確認した。

1.議論された関連法案
 → 風営法※1、景品表示法※2、消防法関連
   ※1風営法=「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」
   ※2景品表示法=「不当景品類及び不当表示防止法」

1)議論した項目
 → お金をとらなければ良い?(NGのこともある)
 → 判断の根拠がよく分からないことが、VRの普及に障害になるのでは。
 → 所轄との意見交換が必要。
 → ザックリ分かるようにマップやグラフなどを作れないか
 → 教育目的に使う場合などで判断が難しいので自由につくりたい
 → E区分、A区分に分かる案がある
  ・風営法=風適法(警察署の生活安全課)
   射幸心をあおる(パチンコ、ゲーム)
    順位(点数=非教育目的)を付けて賞品や賞金を出すなど
   接待営業(キャバクラ、、、、、)
    ソフトダーツ事件(ダーツを女性が教えた)
     VRでアテンダントがつくケース
   見通し問題 
    恐喝などが規制理由
    赤外線の混戦を防ぐための壁や天井などの指導を受ける
   成人向け18禁
 ・景品表示法
  点数をつけて景品を出すなど
 ・消防法
  → 視覚と聴覚を奪われて、危険をどう知らせるか
  → 避難が遅れる原因にならないように
  → 本当の避難を即す画像や音を規格化する(あるいはリストバンドなど)
  → 自動的にシャットダウンする
  → ゴーグルを付ける前にガイダンスをする
  → 緊急受信信号などが参考になる
  → 煙草を吸いながらゲームをする人がいるのが大変危険
  → 影響は風営法より大きい

2.議論された安全性
 → 立体視に関するガイドライン
  『3DC安全ガイドライン』
   http://www.3dc.gr.jp/jp/scmt_wg_rep/guide_index.html

1)議論した項目
 → 映像酔い
 → 立体視あるいは二眼視ならではの問題(斜視、斜位、3D酔い)
 → ハード製造だけではなく、コンテンツや視聴方法、のガイドラインも必要
 → ゴーグルをしながら歩き回る危険性(ぶつかる、ころぶなど)
 → ムーブメントによる危険性(それぞれ異なる)
 → 効果が高いので洗脳される可能性ある

01 02 03 04 05

ABOUT

住所 〒108-6021
東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟21F
一般財団法人最先端表現技術利用推進協会
事務局
電話 03-6711-1955
FAX 03-6894-3888
E-mail info@soatassoc.org

お問い合わせは事務局までお気軽にご連絡ください。

・最先端の表現技術に関する各種ご相談
・入会や活動に関するお問い合わせ
・メディア関係の方々からのお問合せや取材のご依頼

∧ PAGE TOP