NEWS

羽倉賞受賞記念講演会&ネットワークパーティ開催レポート

第2回羽倉賞作品募集が8月1日よりスタートします。本年の作品・取り組みを募集するに先立ち、前回の受賞を記念した講演会とネットワークパーティを開催しました。第1回羽倉賞(2017年11月16日授賞式)の受賞者4名をお招きして貴重なご講演を聞ける機会を設け、広く一般の方にもご参加いただけました。最先端の講演は好評を賜り、表現技術の利用推進という目的に貢献できました。表現技術関連企業様をはじめ、クリエイター様、報道関係者様、研究者様、関係団体様など当協会らしい多彩な顔ぶれの皆さまで当日はたいへん盛況でした。お暑い中、足をお運びいただいた皆さまに御礼申し上げます。時代の最先端を牽引される受賞者の皆さまのご講演内容を、以下で一部ご紹介させていただきます。

羽倉賞受賞記念講演会 開催レポート

開催日 2018年717日(火) 会 場 株式会社フォーラムエイト
東京本社(東京都港区)
主 催 一般財団法人
最先端表現技術利用推進協会
協 賛 株式会社フォーラムエイト

■羽倉賞


発表者

株式会社資生堂
花原正基氏

作品名

Tele Beauty
 花原正基氏 資生堂クリエイティブ本部(受賞当時・宣伝デザイン部)は最新テクノロジーを応用するDesign R&Dプロジェクトを手がけておられます。受賞作品であるTeleBeautyもその一環として開発された作品です。高度な画像処理技術と、資生堂ならではのメイク技術が見事に融合された作品を実際の動画と共にご紹介いただきました。シンプルなUIによって、状況に合わせたメークパターンが数種類用意されていること、ストレスなくオンライン会議に参加することができ、機能とデザイン性が見事に両立されている様子をご発表いただきました。「オンライン会議で化粧を気にするのは日本独自の文化では?」といった指摘もあったといいますが、SXSW2017(アメリカ)に出展したところ世界の女性からも好評を得ることができました。

■VR技術奨励賞


発表者

金沢美術工芸大学
中安翌氏

作品名

Luminescent Tentacles

キネティックサーフェイスシステム
 中安翌氏 中安氏は「常に美的なものから触発や刺激を受け作品を制作している」と言います。今回作品にあるような触手的なものに関しては、先行作品が何点か存在していたので、特に「なめらかな動き」をテーマに作品制作に取り組まれています。発表の中で、素材の進化やさまざまな技術的な課題を解決してようやく完成へと辿り着かれた様子を具体的にご紹介いただきました。作品(作品紹介動画参照)のなかで256本設置したアクチュエータ=触手は、1本ずつ形状記憶合金に流れる電流の制御によって6方向に曲げることができます。この触手を個々に制御する事で、より滑らかで自然な動きを実現することが可能となりました。今回、この作品の為に開発された「触手ユニット」はメーカーとの協力で現在製品化が計画中とのお話もあり、中安氏の今後の活躍と期待が高まる発表となりました。

 ■映像技術奨励賞


発表者

和歌山大学
天野敏之氏

作品名

日本橋三越本店天女像音と光の
インスタレーション
 天野敏之氏 カメラを使った光学フィードバックによって、見かけの色彩や様々な質感を自由に操作できる投影システムについて事例を用いたご発表です。この投影システムは、リアルタイムにカメラで撮影した映像に対してその場で演算し、フィードバックを掛けることで、動態や、複雑な形状に対しても投影が実現可能です。作品で対象となった日本橋三越本店天女像は、高さ10mとたいへん大きく、木彫りで、複雑な形状をしていますので、縦に3分割して3台の光学フィードバックシステムを用いてインスタレーションを実現させたとのことです。3台の同期に工夫したことなど、制作秘話もお話しいただきました。その後も投影システムの高性能化を図っており、活用事例として飴やグミに対する投影、花や木の枝などのさらに細かいものにも投影可能となった様子などをご紹介いただきました。

■表現技術利用促進奨励賞


発表者

和歌山大学
尾久土正己氏

作品名

実写全天映像を使ったスポーツ・観光の
新たな映像表現の普及
 尾久土正己氏 尾久土氏が全天映像への取り組みを本格化したのは、2009年の皆既日食がきっかけでした。元々天文関係に従事していた尾久土氏は、活動拠点の奄美大島からインターネット経由してプラネタリウムへ皆既日食を投影することを試みました。このことで、プラネタリウムで月の影によって空が暗くなっていく様子を全天周に上映して、これまでにない映像体験の実現に成功したといいます。氏は、全国に300近くあるプラネタリウムを利用して地域の観光名所を紹介したり、またスポーツ中継などに用いることで地域振興を目指されています。その一環である受賞作品は、収差の少ない特注の魚眼レンズを4Kカメラに装着して撮影されました。現在のプラネタリウムの最高の解像度は16Kなので、16Kの実写映像を撮影できるよう、今後の技術進歩に期待されているとのことです。尾久土氏はオリンピックなどのスポーツイベントでの全天映像の活用に向けて現在も鋭意活動中です。


会員作品展示

 会員展示ブース シリコンスタジオ株式会社様(法人会員)資料配付
傘木宏夫氏(NPO地域づくり工房)パネル展示
渡辺雄志氏(映像ディレクター)動画、パネル展示
中森寛太氏(公益財団法人鎌倉能舞台)資料配付
石川洵氏(石川光学造形研究所)光学装置の展示
・3次元映像のフォーラムプロジェクト会誌展示


ネットワークパーティー

 会員展示ブース 講演会後にネットワークパーティを行いました。登壇者の皆さまをはじめ、当協会会員様、一般のご来場者様、当協会関係者など、多くの方々にご参加いただき、楽しいご歓談と交流が和やかに行われました。羽倉賞受賞記念講演会&ネットワークパーティへご参加とご協力をいただいた皆さまに御礼を申し上げます。
(左)伊藤裕二理事長のご挨拶

 

▼関連リンク
第2回羽倉賞募集ページ
第1回羽倉賞発表


第2回羽倉賞 8月1日から作品募集開始


「羽倉賞」は、表技協の創設者であり、3D立体映像、ホログラフィ、VRなどの最先端表現技術の研究・普及に多大な功績
を残された故羽倉弘之氏の功績を称え、表現技術の質を高め広く普及に貢献する目的で、2017年に表技協により創設され
ました。分野を問わず、最先端の表現技術を活用した作品および取り組みを通して社会に貢献した功績を表彰します。

概要

■各賞
羽倉賞
 賞金20万円、トロフィー、賞状 (1作品)
表技協奨励賞
 賞金5万円、賞状 (数作品)
企業賞(フォーラムエイト)
 賞金15万円、賞状 (1作品)
第2回より協賛による「企業賞」が新設されました。
各種企業・団体様で協賛をご希望の方は、表技協事務局までご連絡ください。
羽倉賞トロフィー
■スケジュール
  • 応募期間 2018年8月1日(水)-10月1日(月)※10月1日発信分のメールまで受付
  • 選考期間 2018年10月-11月初旬 表技協の選考委員会で審査
  • 審査結果通知 11月初旬 すべての応募者にメールで通知
  • 表彰式 218年11月15日(木)15:30-16:00
    フォーラムエイト主催「FORUM8デザインフェスティバル2018」(品川インターシティホール)にて開催

募集要項 >>募集要項の詳細はこちら 

応募期間 2018年8月1日-10月1日 ※10月1日発信分のメールまで受付
募集対象 ・最先端の表現技術が使われている作品あるいは取り組み。
・2017年8月1日から2018年7月31日の間に公表/実施されたもの、あるいは、この期間に作品/
取り組みが完成しており2018年10月30日までに公表日が決まっているもの。
応募形式 ・通信で閲覧できる映像(YouTube等)や各種ドキュメント(PDF形式)等
・映像の場合はURL非公開の限定公開でもよいが、閲覧に特殊なソフト、特定の動作環境、会員制
などの条件がないもの。

第1回「羽倉賞」受賞結果

■羽倉賞 「Tele Beauty」 株式会社資生堂
高速・高精度の顔認識とメーキャップの仕上がりを再現するCG・画像処理技術を融合した表現技術
■VR技術奨励賞
「Luminescent Tentacles」

金沢美術工芸大学 中安 翌氏
キネティックサーフェイスシステム
■映像技術奨励賞
「日本橋三越本店天女像音と光のインスタレーション」

和歌山大学 天野 敏之氏
光学フィードバックによる実時間質感操作技術
■表現技術利用促進奨励賞
「実写全天映像を使ったスポーツ・観光の新たな映像表現の普及」

和歌山大学 尾久土 正己氏
ドームスクリーン向け実写全天映像

最先端表現技術推進協会レポート
Vol.18 第1回羽倉賞は「Tele Beauty」が受賞!/「表現技術検定」について (Up&Coming ’18 新年号掲載)


関連情報
・2018/06/19 羽倉賞受賞記念講演会&ネットワークパーティ(2018年7月17日)開催のご案内
・2017/11/16 第1回「羽倉賞」発表


超臨場感コミュニケーション産学官フォーラム(URCF)総会・シンポジウムレポート

超臨場感コミュニケーション産学官フォーラム(URCF)は、高い臨場感を有する情報メディアを実現するための技術開発や情報交換、異分野交流を目的として、企業、有識者、総務省によって設立された団体です。 表技協は同フォーラムに会員組織(正会員)として参加しています。2018年6月1日、
日本科学未来館で開催されたURCF総会・シンポジウムについて概要を報告いたします。
(情報をお寄せくださった会員様には感謝いたします。)

1.総会
・会員数:  正会員67名、特別会員153名
・活動報告: 平成29年度は、「ICT働き方改革WG」と「2020WG」の2つのWGの新設および、
       「裸眼立体映像伝送WG」と「MPEG-FTV WG」をサブWGからWGとし、体制強化
       を行って積極的な活動を行いました。
・議案:   平成29年度活動・決算・会計監査報告、平成30年度事業計画など、7議案が承認
       されました。

2.ワーキンググループ
・実空間メディアWG:
 表技協町田会長がリーダーを務めるWG活動報告の中で、表技協共催で2017年9月8日に開催した
 「実空間メディアとしてのVRを考えるvol.2」セミナーの紹介を行いました。
・全天映像WG:
 和歌山大学 尾久土先生がリーダーを務めるWG活動報告の中で、2017年羽倉賞奨励賞を受賞された
 ことを紹介いただきました。

3.シンポジウム
・「VRとライブエンターテイメントの可能性」と題して演出家の宮本亜門氏による、以下のような
 基調講演があり、盛況でした。

★演出家とは?
 「台本、譜面を、大きく脹らませ → 人を感動させる」
 「人を感動させる → 物事を深く感じて、心を動かす」
 という思いで創作された、以下のような映像技術を使った演出表現を紹介いただきました。

★スポーツ・文化・ワールド・フォーラム 文化イベント 公式プログラム
 「The Land of the Rising Sun」   チームラボとの演出コラボレーション

★3D映像を使用した「能」の 演出 『YUGEN 幽玄』
 能の表現 → あの世の世界 → 見えない世界を演出
 宮本亜門氏の公式ブログも参照ください。
 (http://blog.amonmiyamoto.com/?eid=361

★上賀茂神社 「降臨」奉納劇

★葛飾北斎 富嶽三十六景 神奈川沖浪裏
 葛飾北斎の眼 → ハイスピードカメラで撮ったかな? と思わせる細部までの描画
 画狂人 北斎(大英博物館での朗読劇)
 宮本亜門氏の公式Twitterも参照ください。
 (https://twitter.com/amonmiyamoto/status/890971503684194305

羽倉賞受賞記念講演会&ネットワークパーティのご案内

「羽倉賞」は2017年、表技協創設者である故・羽倉弘之氏の功績を称え、優れた最先端表現技術の
活用事例を表彰する目的でスタートしました。本年も作品を広く募るにあたって、第1回受賞者の
皆様による記念講演・ネットワークパーティを開催します。受賞作品紹介と併せて、最先端表現
技術を活用した各種システム展示も実施いたします。

当協会会員に、皆さまの活動をご紹介するスペースを設けさせていただきます。
実施要項
日 程  2018年 7 17日(火) 時 間  14:00~19:00(開場13:30)
会 場  株式会社フォーラムエイト東京本社 セミナールーム
 品川駅徒歩5分 品川インターシティA棟21階
参加資格  どなたでもご参加いただけます。
参 加 費  無料
申込方法  → 申込み締切りました。
主催:(一財)最先端表現技術利用推進協会 / 協賛:株式会社フォーラムエイト

プログラム
13:30-14:00
 開場・ショールーム展示見学
14:00-14:10
 ご挨拶/表技協の活動と羽倉賞について
 (一財)最先端表現技術利用推進協会会長
14:10-14:50
 実写全天映像を使ったスポーツ・観光の新たな映像表現の普及
 和歌山大学 尾久土 正己
14:50-15:30
 日本橋三越本店天女像音と光のインスタレーション
 和歌山大学 天野 敏之
15:30-15:40
 休憩
15:40-16:20
 Luminescent Tentacle
 金沢美術工芸大学 中安 翌
16:20-17:00
 Tele Beauty
 株式会社資生堂 花原 正基
17:00-17:30
 ショールーム展示見学
17:30-19:00
 ネットワークパーティ

◇関連ページ:第1回羽倉賞発表
▲第1回羽倉賞表彰式の様子
左から町田氏、天野氏(映像技術奨励賞)、
花原氏(羽倉賞)、
尾久土氏(表現技術利用促進奨励賞)
羽倉賞 「Tele Beauty」 株式会社資生堂
高速・高精度の顔認識とメーキャップの仕上がり
を再現するCG・画像処理技術を融合した表現技術
表現技術利用促進奨励賞
「実写全天映像を使ったスポーツ・観光の新たな映像表現の普及」
 ドームスクリーン向け実写全天映像
和歌山大学 尾久土 正己氏
映像技術奨励賞
「日本橋三越本店天女像音と光のインスタレーション」
 光学フィードバックによる実時間質感操作技術
和歌山大学 天野 敏之氏
VR技術奨励賞
「Luminescent Tentacles」

キネティックサーフェイスシステム
金沢美術工芸大学 中安 翌氏

第23回合同部会「モーションキャプチャスタジオ見学」

日 時:2018年6月11日(月)15:00~17:00
場所:恵比寿 株式会社ディーワン MOTION CAPTURE STUDIO

■「モーションキャプチャスタジオ見学」

今回の部会は、株式会社ディーワン 様のご協力によりモーションキャプチャ
スタジオを見学しました。 代表取締役 半澤 剛 様よりスタジオのご紹介、
モーションキャプチャ実演、ポストプロセスのご説明、質疑応答を行って
いただきました。


株式会社ディーワン エントランスにて
合同部会参加メンバー

半澤 様によるご説明

■モーションキャプチャスタジオは、恵比寿駅徒歩9分という便利な場所にあり、
郊外にある大規模スタジオに比べて、半日単位で使用できる利便性の高さが特長
となっています。 スタジオは地下2階構造で、概要は 「株式会社ディーワン
スタジオ見取り図」
を参照ください。


スタジオ全景

スタジオ全景(反対側)

■剣の動作のモーションキャプチャを実演させていただきました、剣に
取り付けた5点ほどのマーカで、回転も含めて剣の動きがリアルタイム
にキャプチャされる様子を体験できました。


モーションキャプチャ実演

キャプチャされた剣の動き

■モーションキャプチャの後に、マーカの動きを人形モデルにマッピング
させ、その動きをCGの骨格モデルに対応させてCGを作成する、ポスト
プロセスについてご説明いただきました。


骨格モデルとマーカの対応

出来上がったCGのイメージ(動画)

■モーションキャプチャの利点は、個人の技量によらず比較的簡単に、
ある一定品質のCGを作成できるところであり、最近利用されるケースが
増えているということです。

次回の合同部会は、「羽倉賞受賞記念講演会&ネットワークパーティ」を開催します。
日時: 2018年7月17日(火)14:00-19:00
場所: 品川 株式会社フォーラムエイト東京本社 セミナールーム

本イベントは、表技協会員の皆さまが一堂に会する機会です。
講演会の後は会員の皆さまやパーティで交流いただけます。
ぜひとも参加ください。

ABOUT

住所 〒108-6021
東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟21F
一般財団法人最先端表現技術利用推進協会
事務局
電話 03-6711-1955
FAX 03-6894-3888
E-mail info@soatassoc.org

お問い合わせは事務局までお気軽にご連絡ください。

・最先端の表現技術に関する各種ご相談
・入会や活動に関するお問い合わせ
・メディア関係の方々からのお問合せや取材のご依頼

∧ PAGE TOP