NEWS

表技協のSDGsミッションを掲載

■SDGsとは

 持続可能な開発目標(SDGs)とは、2015年9月の国連サミットで採択された2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴールと169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、国や自治体、企業・団体、そして個々人が積極的に取り組むことが求められています。

デジタル掛軸(D-K)in ゆ~ぷる木崎湖プール棟、長谷川章D-K塾 開催レポート

当協会も協力した、「デジタル掛軸(D-K)in ゆ~ぷる木崎湖プール棟」及び「長谷川章 D-K塾」が、温泉とプール施設である「ゆ~ぷる木崎湖」のお客様感謝イベントの一環として、2019年7月5日(金)~7日(日)にかけて開催されました。
プール棟内の天井や壁、プールの水面一面に広がった色鮮やかなデジタル掛軸が、幻想的な空間を創り出していました。


プール棟でのデジタル掛軸の様子

「長谷川章 D-K塾」では最初に、長谷川章氏、渡邉哲意教授(宝塚大学)による講演が行われました。長谷川章氏の「D-K塾」基調講演ではデジタル掛軸の基本コンセプト・成り立ち・歴史、デジタル掛軸とプロジェクションマッピングの違い、海外での事例に関するエピソードやトピックスなどがわかりやすく解説されました。渡邉哲意教授による「観る映像から感じる映像論」講演では、「映像」と「イメージ」の概念論について、ヨハネ・スケプラーの知覚理論、デカルトの理論、ジェームス・ギブソンのアフォーダンス理論および包囲光配列などを駆使し、デジタル掛軸の基本コンセプトである「感じる」ということをロジカルに解説いただきました。
現場実習では、映像レイアウト・マッピング・マスキングなどデジタルデザインのノウハウが丁寧に解説され、プール棟内部を使った大規模デジタル掛軸の設営から撤収までを体験しました。

D-K塾当日の5日を含め、3日間で200名を越える参加者・観覧者にご来場いただき、盛況のうちに終了いたしました。

主催者であるNPO地域づくり工房の傘木宏夫氏
によるあいさつ
長谷川章氏「D-K塾」基調講演
渡邉哲意教授「観る映像から感じる映像論」講演

体験実習の様子

開催概要
日  程: デジタル掛軸 7月6日(土)・7日(日) 19:00~21:30、D-K塾 7月5日(金)~7日(日)
会  場: ゆ~ぷる木崎湖
主催団体: NPO地域づくり工房、木崎湖温泉開発株式会社
助成団体: 長野県 「地域発・元気づくり支援金」
協  力: 一般財団法人最先端表現技術利用推進協会、株式会社フォーラムエイト

ABOUT

住所 〒108-6021
東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟21F
一般財団法人最先端表現技術利用推進協会
事務局
電話 03-6711-1955
FAX 03-6894-3888
E-mail info@soatassoc.org

お問い合わせは事務局までお気軽にご連絡ください。

・最先端の表現技術に関する各種ご相談
・入会や活動に関するお問い合わせ
・メディア関係の方々からのお問合せや取材のご依頼

∧ PAGE TOP